医療,  疾患

成人病または生活習慣病

生活習慣病とは

   生活習慣病または成人三大病とは、主に以下3つの疾患。

  ・高血圧
  ・糖尿病
  ・脂質異常症


食生活や運動,飲酒,喫煙などの生活習慣が発病に大きく関与するとされる疾患。



保険用語としては五大生活習慣病または五大成人病として、

  ・ガン
  ・糖尿病 
  ・心疾患
  ・高血圧性疾患
  ・血管疾患
として説明される場合もみられる。

成人病せいじんびょう
chronic diseases in the middle and the aged
1955年頃から厚生省が使いはじめた用語。
40歳前後から 60歳代の働き盛りの人々に発生率の高い疾患をさし, 脳血管障害,悪性腫瘍,心疾患,糖尿病,痛風など, 主として非感染性の慢性疾患がその代表的なものであった。
近年,これらの発病が低年齢化し, また食生活や運動,飲酒,喫煙などの生活習慣が発病に大きく関与することから, 97年厚生省は従来の成人病を「生活習慣病」と改称した。
  出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典/ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典/ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

        ↑当サイトはMixHostサーバーを使用しワードプレスで作成しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です